会社の外で患者さんを診ている精神科医 × 会社の中から労働者を見る産業医
だから、その人全体を見ることができます。

はたらく人・学生のメンタルクリニック

P1 P2 P3 P4 P1 P2 P3 P4

注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害(ADHD)

注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害(ADHD)を具体的な例を交えて詳しくご説明します。

注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害(ADHD)のケース 患者さんの例
ケース1 Aさん 33歳 男性 会社員

 Aさんは33歳の男性です。子どもの頃は卒業式などじっと座っていないといけないときに、じっとしていられずによく体が左右に揺れてしまうことがありました。先生の質問に早とちりして出し抜けに答えを言ってしまうこともありました。通知簿には、積極的で活発なところがいいところですが、気が散りやすいので注意しましょうと書かれたことがありました。テストでは問題文の読み間違いや選択肢の選び間違いがしばしばありましたが、基本的には成績は悪くなく4年制大学を卒業するまでは特に学業や日常生活に苦労することはありませんでした。

 大学を卒業後は一般企業の営業職として入社をしました。お客様との予定を何度か忘れてしまうなどがありましたが、メモ帳を活用するなどしてなんとかやってきました。昔から交通渋滞にひどくイライラしてしまうところがあり、車で移動する営業はちょっと大変だとは思いつつ、やりがいがある仕事なので一生懸命がんばっていました。

 この度、係長に昇進し、自分の営業のことをしつつ、部下の面倒も見ないといけなくなり業務が倍増しました。その頃より、予定の管理などが把握しきれなくなり、業務のツメの甘さが目立ち、ミスを連発するようになりました。徐々に気分が落ち込んで、眠れなくなってきたため、いつもの自分ではないことを自覚したため精神科クリニックを受診しました。

 診断の結果、注意欠如多動症(ADHD)が原因の適応障害であると診断され、まずは気分の落ち込みと不眠の治療を開始されました。その後、徐々に落ち着きを取り戻せたため、注意欠如多動症(ADHD)の治療が開始されました。不注意が目立っていたため、仕事でどういった予定の管理が苦手なのか主治医と相談し、大雑把に予定をメモするためすべきことがわからなくなるなど、問題点に気づくことが出来ました。また、内服を同時に始め、徐々に不注意が減っていきました。今では、日常での工夫をうまく出来るようになり、仕事も問題なくこなせています。

ケース2 Bさん 26歳 女性 会社員

 Bさんは26歳の女性です。子どもの頃はおてんばと言われ、小学校の頃はよく怪我をして帰って来ることが多いでした。我慢をして待つことが苦手で、よく母親に怒られていましたが、おしゃべりで何でも話をするため両親との関係は良好でした。一方で、宿題を最後までやり遂げるのが苦手で、学校の成績も中の下程度で「自分はあまり優れた人間ではない」とずっと思っていたようでした。惚れっぽい部分があったため、大学に入ってから不用意に異性関係を持ち一度人工妊娠中絶をしています。

 大学卒業後は一般事務として一般企業に就職をし、一人暮らしを始めました。当時の彼氏からは部屋が散らかりすぎて女の子の部屋とは思えないと言われたことがあるようです。24歳の時に妊娠が分かったことを理由に当時付き合っていた人と結婚をしました。出産後は職場に復帰しましたが、家庭のことをしつつ仕事をすることに手が回らなくなり、会社の書類をなくす、役所への児童手当の書類を出し忘れるなどトラブルが頻発するようになりました。自信をなくした>Bさんは、家庭と仕事が両立できない理由がなにかあるのかとインターネットで検索したところ注意欠如多動症(ADHD)の存在を知りました。

 近くのメンタルクリニックで、注意欠如多動症(ADHD)と診断されました。内服の治療が始まり、同時に行動療法が開始されました。まずは口約束を記憶に頼って覚えようとせずすぐさまメモをとる、メモの内容は走り書きではなく関わった人物や場所や時間や締め切りをきちんと書き留めておくなど、やるべきことについての対応方を身につける練習を繰り返しました。薬物療法と行動療法の効果があり今ではミスややり忘れが減り、Bさんは毎日楽しく過ごしているようです。