会社の外で患者さんを診ている精神科医 × 会社の中から労働者を見る産業医
だから、その人全体を見ることができます。

はたらく人・学生のメンタルクリニック

P1 P2 P3 P4 P1 P2 P3 P4

社交不安障害/社交不安症(対人恐怖症)

社交不安障害/社交不安症(対人恐怖症)を具体的な例を交えて詳しくご説明します。

患者さんの例 Aさん 18歳 専門学校生

 Aさんは18歳の専門学校生です。幼稚園の頃から内気な性格で他の人と話をするのが苦手でした。小学校ではあまりに恥ずかしがるために、周囲からいじめられたこともありました。中学校に入るといじめはなくなったのですが、休日はほとんど家でTVを見たりしてすごしていました。授業中に発表する機会があると、緊張で手が振るえ頭の中が真っ白になり、先生が途中で助けてくれることがしばしばありました。両親は内気な子だと思う程度で、特に気にしていなかったようでした。高校に入って担任の先生が気にかけてくれたおかげで友達に声を掛けてもらって遊ぶこともありましたが、内気な部分は改善せず、自分の考えを口にして嫌われたらどうしようという思いがよぎり、無言で友達のおしゃべりを聞いてばかりいました。友達といる時間は大事だとは思うものの、不安と緊張で気が張り詰める時間をずっとすごしていました。

対人恐怖症01
 高校卒業後は芸術の専門学校に入りました。同級生は年齢にもバラつきがあり、バイトをしている人もなど生活サイクルが様々でした。そのため専門学校はプライベートにはほとんど口を出さず、人間関係などは個人個人の自立性に任せていました。Aさんは専門学校で誰にもうまく話すことが出来ず、教室で孤立してしまいました。ある日、同級生がAさんのことを「根暗だ」と言っていることを聞いてしまいました。その後、学校に行くのが恐怖になり、家族以外の人に会うと考えると不安で眠れなくなりました。それから徐々に学校を休むようになり、自宅で引きこもり自分の部屋にばかりいるようになりました。娘の異変に気づき、心配した両親がAさんを連れて精神科クリニックを受診しました。
 診察室では、初めて会う医師に緊張し、首を縦か横に動かすのみでほとんど話をしませんでした。しばらくして、自分自身の対人恐怖が本当につらいもので、吐き気やめまいを起こし、よく夜中に一人で泣いていたことを打ち明けました。

対人恐怖症02
 治療が始まり、抗うつ薬であるSSRIと抗不安薬が開始されました。また、精神療法として、不安に対して柔軟な考えを持てるように認知療法を行い、徐々に他の人と関われるように訓練をしていきました。最初は抗不安薬で不安を抑えながら外出をしていたAさんでしたが、徐々に他の人のいる場にいけるようになりました。そして学校も行けるようになり、無事に卒業も出来ました。元々内気だったため人と関わるのが苦手な面は今でもありますが、今はクリエイターとして自分の好きな仕事に就けて楽しく毎日を過ごしているようです。

対人恐怖症03

診断基準
A.他者の注視を浴びる可能性のある1つ以上の社交場面に対する、著しい恐怖または不安。

 例として、社交的なやりとり(例:雑談すること、よく知らない人に会うこと)、見られること(例:食べたり飲んだりすること)、他者の前でなんらかの動作をすること(例:談話をすること)が含まれる。
注:子どもの場合、その不安は成人との交流だけでなく、仲間達との状況でも起きるものでなければならない。

B.その人は、ある振る舞いをするか、または不安症状を見せることが、否定的な評価を受けることになると恐れている。

すなわち、恥をかいたり恥ずかしい思いをするだろう、拒絶されたり、他者の迷惑になるだろう。

C.その社交的状況はほとんど常に恐怖または不安を誘発する。

注:子どもの場合、泣く、かんしゃく、凍りつく、まといつく、縮みあがる、または、社交的状況で話せないという形で、その恐怖または不安が表現されることがある。

D.その社交的状況は回避され、または、強い恐怖または不安を感じながら耐え忍ばれる。
E.その恐怖または不安は、その社交的状況がもたらす現実の危険や、その社会文化的背景に釣り合わない。
G.その恐怖、不安、または回避は、臨床的に意味のある苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。
H.その恐怖、不安、または回避は、物質(例:乱用薬物、医薬品)または他の医学的疾患の生理学的作用によるものではない。
I.その恐怖、不安、または回避は、パニック症、醜形恐怖症、自閉スペクトラム症といった他の精神疾患の症状では、うまく説明されない。
J.他の医学的疾患(例:パーキンソン病、肥満、熱傷や負傷による醜形)が存在している場合。

その恐怖、不安、または回避は、明らかに医学的疾患とは無関係または過剰である。