会社の外で患者さんを診ている精神科医 × 会社の中から労働者を見る産業医
だから、その人全体を見ることができます。

はたらく人・学生のメンタルクリニック

P1 P2 P3 P4 P1 P2 P3 P4

躁うつ病

躁うつ病を具体的な例を交えて詳しくご説明します。

患者さんの例 Aさん 21歳 男性 大学生

 Aさんは21歳の男性です。元々明るく社交的な性格でした。普段は大学生をしており、日本の伝統に興味を持っていました。例年夏に差し掛かる前頃は、ぼーっとすることが多く本人も意欲の低下を感じていました。
 大学3年生の6月頃から気分が高揚し突然「漬物で世界を変えることが出来る」と言い出し、大学にも行かず睡眠もせず昼夜を問わず漬物を作るようになりました。しばらく様子を見ていた周囲も、心配して休むように言うと怒り、楽しそうに語りだすと止まらないエネルギーに異様さを感じていました。1週間様子を見ても一向に変化がなく、通販で大量の1斗樽と30万円の請求書が自宅に届いたことで家族が驚き、本人をつれて精神科を受診しました。
 診察では「今に全米でブームになるから、早く家に帰って漬物を作らないと」といい、常にそわそわしていました。躁状態のため十分な休養を取れておらず精神科医に入院を勧められましたが本人は拒否し、家族もあと1週間だけ自宅で様子を見たいと申し出ました。不登校や金銭的なトラブルはあったものの対人トラブルはさほど目立たず、まずは薬物療法を始め自宅で療養することになりました。内服を始め最初の2、3日はただよく眠るのみでしたが、徐々に落ち着きを取り戻しました。今では生活リズムは整い、大学にもいけるようになり、通院を続けながら普段どおりの生活ができるようになりました。

診断基準

 躁うつ病は名前の通り躁状態(躁病エピソード)とうつ状態(抑うつエピソード)が症状として出る疾患です。
*うつ状態についてはうつ病のページを参考にしてください。
 症状によって躁病エピソードを症状に持つ双極Ⅰ型障害、軽躁病エピソードを症状に持つ双極Ⅱ型障害に分かれます。この違いはあとで説明します。

躁病エピソードの大前提として、一日のほとんどで次の2つの状態がみられます。
  • 気分が高揚・開放的または易怒的になる。
  • 異常かつ持続的な目標に向けての活動がある。
さらに次の7項目中、3項目(気分が易怒的のみなら4項目)があるということが必要です。
  1. 自分が凄い、偉いと感じる(自尊心の肥大、誇大)
  2. 寝なくても大丈夫(睡眠欲求の減少)
  3. 多弁、喋り続けたい
  4. 話が脱線していく、複数の考えがせめぎ合う(観念奔逸)
  5. 注意散漫
  6. 目標に向けた活動の増加、または精神運動焦燥(無意味な活動の増加)
  7. 困った結果につながる可能性の高い活動への熱中(買いあさりやばかげた投資など)
双極Ⅰ型障害:躁病エピソードを症状に持つ
  1. 1週間以上続いている、もしくは1週間続く前に入院した。
  2. 社会的に著しい問題があるほどの障害がある、もしくは本人や他人に害が及ぶのを防ぐために入院が必要である、もしくは妄想などの精神病性の症状がある。
  3. 過去の抑うつエピソードの有無は問わない。
双極Ⅱ型障害:軽躁病エピソードを症状に持つ
  1. 4日間以上続いている。
  2. 社会的に著しい問題があるほどの障害はない。
  3. 抑うつエピソードを過去にもつ。

*抑うつエピソードを過去にもたない人に軽躁病エピソードが出現した場合は、双極II型障害とは言えません。他の特定される双極性障害という診断名になります。