会社の外で患者さんを診ている精神科医 × 会社の中から労働者を見る産業医
だから、その人全体を見ることができます。

はたらく人・学生のメンタルクリニック

P1 P2 P3 P4 P1 P2 P3 P4

うつ病

うつ病を具体的な例を交えて詳しくご説明します。

患者さんの例 Aさん 33歳 女性 出版社勤務

 Aさんは33歳の女性です。元々内気で真面目な性格で、人に相談するくらいなら残業してでも自分1人で全部の仕事を済ませてしまう人でした。出版社に勤めており、会社では営業部に所属をしており、真面目な性格からマメに訪問するため取引先からは信頼されていました。
 半年前に部署の方針が大きく変わり、編集部がやっていたセミナー企画を営業部で受け持つように言われました。最初はなんとか慣れようと頑張ったのですが、Aさんは企画を立てることが苦手であったためセミナー企画の業務が足を引っ張り後輩たちにどんどん営業成績が抜かれていきました。

うつ病

 3ヶ月前より、休みの日にも仕事のことが頭から離れなくなり、夜もろくに眠ることが出来なくなりました。理由もないのに涙が出てきて食事ものどを通らなくなり、次第に仕事への興味も低下していきました。
 朝起きても全身の疲れが残っているように感じ、「もう私なんてダメ、いなくなった方がいい。」と言い出したため心配した母に連れられ精神科クリニックを受診しました。

うつ病

 診察の結果、うつ病と診断され精神療法と薬物療法と環境調整を行っていくことになりました。主治医はAさんの状態が、強いうつ状態であったため会社の産業医に手紙を書き、社内でのサポート体制が作れるように産業医との連携を行いました。
 産業医はAさんの了承を得て上司と面談を行い、上司にうつ状態であることを説明しました。面談の結果、企画業務に慣れていくまでの間、業務量の調整が行われるようになりました。会社の中で理解してもらえる人が出来たのでAさんは少し安心しました。

うつ病

 また、ある考え方のクセがAさん自身を追い込んでいると考えた主治医は、精神療法として認知行動療法が開始しました。Aさんは真面目な反面、乗り越えられないのは頑張りが足りないせいであるという考え方のクセがあり、乗り越えられないことがある自分はダメな人間である責めていました。
 認知行動療法で徐々に考え方のクセが改善され、6か月後には人には得意不得意があり時には乗り越えるのが困難なこともあってよく、沢山のことを乗り越えてきた自分は決してダメな人間ではないと思えるようになりました。また、抗うつ薬を飲み始めてから少しずつ気分の落ち着きを取り戻すことが出来るようになりました。
 治療を開始して10か月、Aさんはうつ状態はすっかり良くなり徐々に仕事にも慣れて会社で再び活躍できるようになりました。

うつ病

診断基準(DSM-5の要約)
右記の症状のうち5つ(またはそれ以上)が同じ2週間の間に存在し、病気以前の機能からの変化を起こしている。
これらの症状のうち少なくともひとつは、(1)抑うつ気分、あるいは(2)興味または喜びの喪失である。
  1. (1)抑うつ気分
  2. (2)興味または喜びの著しい減退
  3. (3)体重減少(or 増加)、または食欲の減退(or 増加)
    うつ病
  4. (4)不眠(or 睡眠過多)
    うつ病
  5. (5)焦燥(今にも何かしでかしそう)または制止(思考や言動が遅くなる)
    うつ病
  6. (6)易疲労性や気力の減退
  7. (7)無価値感や罪責感:「自分をちっぽけと思う」
  8. (8)集中力の減退や決断困難
  9. (9)希死念慮:「死にたい、消えてしまいたい」