会社の外で患者さんを診ている精神科医 × 会社の中から労働者を見る産業医
だから、その人全体を見ることができます。

はたらく人・学生のメンタルクリニック

P1 P2 P3 P4 P1 P2 P3 P4

パニック障害/パニック症

パニック障害/パニック症を具体的な例を交えて詳しくご説明します。

患者さんの例 Aさん 25歳 女性

 Aさんは電車通勤をしている途中で急に心臓がドキドキし、息苦しさを感じふらついて立っていられなくなりました。途中下車をして、しばらく休んでいると 良くなりました。数日後、ショッピングセンターで買い物をしているときにも同じ症状が出現し、このまま死んでしまうのではないかと怖くなりました。
 それ以来、外出して同じ症状が出たらどうしようと思うようになってしまい、家の外にあまり出れなくなってしまいました。職場にもなんとか頑張っていくも のの、いつ再び同じ症状が起こるかが不安になり仕事も手につかず、申し訳なくなって気分が落ち込んで眠れなくなってしまうようになりました。家族に相談し たところ、精神科の受診を勧められてメンタルクリニックに受診しました。



 受診をしたところ、パニック障害という診断を受けました。抗うつ薬と抗不安薬での治療を受けました。また、パニック障害でおこる発作はパニック発作といい、パニック発作で死ぬことはないという説明を受けました。パニック発作が起きたときは抗不安薬を使用することでパニック発作がおさまることを体験することが出来、抗不安薬を持っておくことで安心して外に出れるようになりました。併せて行動療法を行い、一気に行動しようとせず徐々に外出することを慣らしていき自信を取り戻すことが大事だと説明を受けました。


 外出することにすっかり自信をなくしていたAさんでしたが、少しずつ家の周り から散歩することをはじめ、徐々に自信を取り戻し、今では普段どおりに生活が出来るようになりました。

診断基準
A.繰り返される予期しないパニック発作。

 パニック発作とは、突然激しい恐怖または強烈な不快感の高まりが数分以内でピークに達し、その時間内に以下の症状のうち4つ(またはそれ以上)が起こる。
注:突然の高まりは,平穏状態,または不安状態から起こりうる。

  1. 動悸,心悸亢進,または心拍数の増加
  2. 発汗
  3. 身震いまたは震え
  4. 息切れ感または息苦しさ
  5. 窒息感
  6. 胸痛または胸部の不快感
  7. 吐気または腹部の不快感
  8. めまい感,ふらつく感じ,頭が軽くなる感じ,または気が遠くなる感じ
  9. 寒気または熱感
  10. 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
  11. 現実感消失(現実ではない感じ),または離人感(自分自身から離脱している)
  12. 抑制力を失うことに対する恐怖
  13. 死ぬことに対する恐怖
B.発作のうち少なくとも1つは、以下に述べる1つまたは両者が1カ月(またはそれ以上)続いている。
  1. さらなるパニック発作またはその結果について持続的な懸念または心配(例:抑制力を失う、心臓発作が起こる、”どうかなってしまう”)
  2. 発作に関連した行動の意味のある不適応的変化(例:運動や不慣れな状況を回避するといった,パニック発作を避けるような行動)
C.その障害は,物質の生理学的作用(例:乱用薬物,医薬品)または他の医学的疾患(例:甲状腺機能亢進,心肺疾患)によるものでない.
D.その障害は,他の精神疾患によってうまく説明されない。
  1. パニック発作が生じる状況は、社交不安症の場合のように恐怖する社交的状況に反応して生じたものではない。
  2. 限局性恐怖症のように,限定された恐怖対象または状況に反応して生じたものではない
  3. 強迫症のように,強迫観念に反応して生じたものではない
  4. 心的外傷後ストレス障害のように,外傷的出来事を想起させるものに反応して生じたものではない
  5. 分離不安症のように,愛着対象からの分離に反応して生じたものではない